読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しるろぐ

いろいろ書きます。

会社で開発合宿してみた

4月の中旬ぐらいに、3泊4日の合宿をしてきた。場所は群馬のみなかみ、開発合宿で有名な谷川くるみ村のペンション木馬だ。

背景

普段、オフィスで仕事をしていると、作業中に話かけられたり、いい感じのところでミーティングが入ったりして、なかなかまとまった作業時間を取ることができない。
ちゃんとした格好で椅子に座っていないといけないし、ちょっと疲れたからサッカーしようぜ!みたいなこともできない。
そこで、プロジェクトチーム全員で開発合宿をすることにした。

事前準備

合宿中は、できるだけ作業時間を確保するために、事前に以下のような準備をした。

  • 体調を整えておく
  • リモートで作業する環境を整えておく
  • ひたすら手を動かすだけのタスクを準備しておく
  • プロジェクト外と調整が必要になるものは済ませておく
  • プロジェクト内で調整が必要になるものも済ませておく
  • 互いの作業がブロックしないように、作業内容を疎にしておく
  • お酒を用意しておく
  • トランプなどのゲームを用意しておく

合宿本番

スケジュール

合宿中は以下のようなスケジュールで作業を行った。
水曜の午後に到着し、水木金と2.5日の作業を行って、土曜に帰る3泊4日計画。

07:00 朝食
08:00 午前作業開始
12:00 昼食
13:00 午後作業開始
17:00 午後作業終了
19:00 夕食
20:00 自由時間(酒盛り・ゲーム)

働き方

業務なので8時間の作業時間は確保していたが、きっちりみんなで集まってお仕事しましょう、という感じにはしなかった。途中でお風呂入ったり、ベッドに寝転がりながら作業したり、外出したり、パフォーマンスがあがるなら何でもオッケー。

自分は大体寝っ転がったり、いろんな机を転々としたりしながらお菓子食べてた。あと昼寝した。夜はお酒を(少々)飲みながら他の人のコードのレビューしてた。

コミュニケーション

事前準備で、調整は行っているはずなので、基本的には発生しないはず。
やむを得ず、相談や質問をする場合は、Yammerを使用した。

合宿の成果

大体、普段の3倍の作業ができたっぽい。
8時間業務の場合、ミーティングやコミュニケーションなどで、作業が出来る時間が4,5時間程度ということを踏まえると、2倍の時間を確保できて、1.5倍ぐらいの生産性を発揮できたらしい。

良かったこと

  • 作業が中断されることがないので集中することができた
  • 周りに何もなく、都会の誘惑がなかった
  • 開発合宿の受け入れをしている宿だったので、オーナーの人が何かと理解してくれた
  • 休憩時間にゲームやお酒などを飲んでチームの一体感が増した

悪かったこと

  • 寒かった
  • 温泉じゃなかった
  • カメムシが大量発生していた
  • 集中した作業を3日続けるのは結構つらかった
  • 健康生活を目指して普段の業務時間と違う時間に作業したため、馴れていないメンバーが疲労していた
  • 使い慣れていないツール(Yammer)を使ってしまった
    • 質問したけどだれも気づかない、みたいなことがあった
    • 通知が弱めだった

今後にむけて

  • 事前に合宿先の気温や天気は調べておく
  • 温泉のある合宿所にする
  • 合宿期間を短くするか、観光やイベントなど、頭を休める時間を用意する
  • そこまでかっちりスケジュールは決めなくて良いかもしれない
    • やることやってればいい
  • 使い慣れているツールを使う
  • 報告用に写真を撮っておく

まとめ

楽しかったし、ちゃんと仕事も進んだのでまたやりたい。
もっといろんなチームやいろんな会社がやってよりよい合宿ノウハウ溜めたい。