読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しるろぐ

いろいろ書きます。

『Pull Toy.』 社内ゲームジャムに参加した

5/16,17の土日を利用して社内でゲームジャムが開催されたので見学に行った。

テーマは「ひも」。

スケジュールは、1日目昼に企画発表、夕方にα版発表。2日目昼にβ版発表、夕方に最終発表という感じだったのだけれど、企画発表見ていたら面白そうだったので午後から急遽参加した。

Pull Toy.

ストーリー

障害物を避けながら、ぼくの大好きなおもちゃを、おもちゃ箱に片付けよう!

画面イメージ

f:id:ofsilvers:20150518082826p:plain:w160 f:id:ofsilvers:20150518082823p:plain:w160 f:id:ofsilvers:20150518082828p:plain:w160

テーマの解釈

イライラ棒 + ひも

仕組み

椅子やゴミ箱、猫や靴下などの障害物が、"ぼく"とおもちゃ箱の間に配置されている。
"ぼく"は、おもちゃを障害物にあてないように慎重にゴールのおもちゃ箱までおもちゃを誘導する。
障害物におもちゃが5回あたってしまうと、おもちゃが壊れてGAME OVER。

どうしても障害物が邪魔で通れない場合は、3回まで”ママ”に片付けをお願いできる。

プレイイメージ

f:id:ofsilvers:20150518085440g:plain f:id:ofsilvers:20150518085407g:plain

Game Jam

初参加だったけど面白かった。 作業時間は10時間弱ぐらいだったっぽい。

開発

本当はUnityでやりたかったけど、インストールとドキュメント読むだけで終わりそうだったので、SpriteKitで作った。
…とは言ってもSpriteKitも初めてだったので最初の1時間ぐらいはリファレンス眺めたりしてたけど。

とにかく時間内に完成させることが目標だったので、didMoveToViewにひたすら処理を書きまくる感じで設計とかはボロボロだけど、完成度は一番高かった!(贔屓目)と思う。

デザイン

たまたま、別チームでデザイナさんが参加していたので、素材を書いてもらった。
「タイトル画面は、左向きで、赤ちゃんがこの玩具を引っ張ってる感じで!」とか「家にあって、赤ちゃんの邪魔になりそうなやつを適当にいくつか!」みたいなゆるふわな要求でステキな画像を作ってくれた @momoyageek に感謝。

リリース

予定はないけど、他の参加者の何人かは頑張るみたいだ。頑張れ。